クレジットカードの審査が遅くてヤキモキしている人へ

クレカ審査

クレジットカードを申し込んだが、審査結果の回答がまだ来ない。早くクレジットカードが欲しくて申し込んだのに、カード会社からの連絡がないという経験はありませんか?

私も経験がありますが、事前に自分の希望に合ったカードを選んで審査を申し込んだのに、通ったのか、通らなかったのか?わからないのはちょっとストレスです。

しかし、カードの審査期間は基本的に各カード会社が決めていますので、申込書やカード会社のホームページなどに記載されています。ただ、ちょっと特殊だったり、クレジットカードの審査に時間がかかったりすることもあるので、今回はそれを解説します。

審査が遅い理由は下記の4つです

クレジットカードの審査に時間がかかっているのはなぜか?ずっと待っているのに、なぜ審査結果の連絡が来ないのか?その理由をご説明します。ちなみに、審査が遅い理由は4つあります。

そこで、現在、審査結果が出ない方は、次の4つのいずれかに該当していませんか?確認してみてください。

信用情報が申込書に記載されている住所や勤務先の情報と異なる場合

個人信用情報機関の信用情報には、氏名、住所、電話番号、勤務先など、申込者に関する属性情報が登録されています。そして、各カード会社はこれらの属性情報をもとにクレジットカードの審査を行い、カード発行の可否を決定します。

なお、信用情報に登録されている申込者の住所や勤務先が、クレジットカード申込書に記載されている住所や勤務先と異なる場合は、カード会社の審査に時間がかかることがあります。

なぜなら、カード会社としては、申込者が実際にその場所に存在しているのか?その場合、申込者の勤務先に連絡したり、住民票を請求したりする可能性が高いからです。

また、窓口への問い合わせとは別に、住民票の取得に時間がかかり、結果的に審査に時間がかかってしまい、申請者への回答が遅れてしまうこともあります。ちなみに、クレジット情報に登録されている住所や勤務先と、申込書に記載されている住所や勤務先が同じ場合、事務所への電話連絡(在籍確認)が行われない場合があります。

軽微な延滞情報が信用情報に登録されている

クレジットカードの審査では、信用情報に異動や債務整理などの重大な事故情報が登録されていると、審査に通らない可能性が極めて高くなります。その理由は、過去に重大な金融事故を起こしたことがある人は、今後も金融事故を起こす可能性が高いからです。

そのため、信用情報に異動情報や債務整理情報が登録されている場合は、その情報が信用情報から削除されるのを待ってから、審査に申し込む必要があります。

ただし、カード会社によっては、異動や債務整理などの重大な事故情報ではなく、軽微な延滞情報として登録されている場合は、カード審査を通過することもあります。ただし、この場合はより詳細な審査が行われる傾向が高いため、結果として審査結果が出るまでに時間がかかる=対応が遅れる可能性があります。

カード申込者によるクレジット情報や属性情報の違い

カード審査に申し込む人は、それぞれ生活環境が異なるため、クレジット情報や属性情報も申込者によって異なることが多いです。もし、属性情報や信用情報がまったく同じ人がいたら、それはそれでちょっと違和感がありますね。

いずれにしても、申込者の中には信用情報や属性情報が良好な人とそうでない人がいて、両者の間には属性情報や信用情報に起因するカード審査に要する時間の差が生じる可能性が高く、あまり良くない人は、審査に時間がかかる場合があります。

また、居住年数や勤続年数、さらには年収などの属性が、カード会社が設定した審査基準を上回るか下回るかの微妙なラインにいる人は、やはり審査期間が長くなる可能性があります。

当然ですね。カード会社にとっても利益になるかどうか=微妙なラインの人の判断には気をつけないといけないですからね。カード会社は顧客を獲得して利益を上げる必要があるので、審査の段階で不利になる申込者は除外する必要があります。

クレジットカードを申し込む人が多い

各クレジット会社は、不定期に様々なキャンペーンを行うことで、自社の顧客獲得数を増やそうとしています。そして、これらのキャンペーンによってカード申込者が増えると、カード会社が扱えるキャパシティを超えてしまう=審査が間に合わない=審査に時間がかかって回答が遅れてしまうのです。

例えば、カード会社が1日に対応できる申込者数が100名だとすると、300名の申込があれば3日、500名の申込があれば5日かかることになります。

カード会社としては、顧客を獲得して利益を上げたいのは当然ですが、同時に獲得した顧客が不良債権化する可能性を排除する必要がありますので、多少のコストがかかっても一人ひとりを会社の審査基準と照らし合わせながら審査を進めていく必要があります。

まとめ

以前はアナログ審査だったので、近年増えている即日審査はなく、審査申し込みから審査結果が出るまでに1~2週間程度かかっていた時期もありました。そのため、私たち申込者も審査期間は1~2週間程度だと思っていました。

しかし、近年の審査システムの高度化により、現在では一部のカード会社が即日審査を導入しています。しかし、誰もが即日で審査を完了できるわけではありません。その理由として一番多いのは、先ほど説明したように、お客様の信用情報に何か問題が発生した場合です。

この信用情報は審査を行う上で非常に重要な要素であるため、ここに問題があると審査をスムーズに進めることができず、結果的に即日審査が終了しないということになります。

自分の属性や信用情報に特に問題がない人は早く審査が済みますが、申込書と信用情報に差異があったり、軽微な延滞情報、またキャンペーンでクレジットカードを申し込む人が多いと審査に日数がかかるということになります。

タイトルとURLをコピーしました