クレジットカード申込時の年収の書き方

クレカ審査

クレジットカード審査では勤務先や勤続年数、年収が重要

クレジットカードの審査に通過するためには、現在の勤務先や勤続年数、年収など、現在も将来も安定した収入を得続けられることが必要です。それがあるかないか?が重要になります。

そのため、一般的な審査基準では、公務員や上場企業への就職が望ましいとされていますが、それ以外の一般企業や自営業者への就職も問題ありません。ただし、自営業者は一般企業に勤める社員に比べて年収が不安定と思われることもあり、やや不利になる傾向があります。

そして、将来的に安定した継続的な収入を得るために重要な勤続年数は1年以上あった方が良く、年収は最低でも200万円、300万円あれば審査に合格することはほぼ可能です。

ただ、一言で年収と言っても、毎月の給料から各種保険や税金が引かれていたり、毎月の給料以外に副業の収入があったりすると、それを年収に入れられるのか??? クレジットカードの申込書に年収をどのように記載したらよいのかわからない方もいらっしゃると思います。

それに、クレジットカードの申込書の年収欄には、漠然と年収が記載されているだけなので、どのように書けばいいのかわからない人がいるのもやむを得ません。そこで今回は、クレジットカードの審査における年収の書き方について解説します。

そもそも「年収」の定義は?

この年収の定義をご存じない方もいらっしゃると思いますので、説明します。年収の定義は、1年間の税金や社会保険料などを含めた収入の総額となります。つまり、毎月の給与から差し引かれた所得税、住民税、健康保険料、雇用保険料などの金額が収入に加算されることになります。

しかし、事業主が毎月支払う給与明細では、基本給と各種手当の合計額でもある支払総額から、各種保険・年金・住民税などの合計額でもある控除額が差し引かれています。控除支給額として記載されているケースが多いと思います。

そして、肝心の年収ですが、例えば、1年間の給与明細が、給与200万円、所得税10万円、住民税5万円、健康保険10万円、雇用保険1万円の場合、支払総額は174万円となります。ただし、クレジットカード審査での年収は200万円となります。

ちなみに、この年収は各勤務先によって異なりますが、残業手当や通勤手当などの各種手当が含まれていますので、クレジットカード審査ではこれらの手当を含めた年収を記載してください。

給料に毎月の各種手当が含まれているのですから、年収に各種手当が含まれているのはごく自然なことです。

カード審査では税込み年収を記載

先ほどご説明したように、クレジットカード審査申込書には、各種税金や保険料などを含めた収入の総額を記載してください。そして、この収入の合計額は、毎年末に勤務先から届く源泉徴収票の支払額欄に記載されている金額です。

つまり、いつでも審査を受けられるように、年末に勤務先から受け取った源泉徴収票を1年間保管しておけば、クレジットカード審査をはじめとする各種金融商品審査の際に、。計算しなくてもすぐに税込年収がわかります。

そのため、毎年職場から渡される源泉徴収票は、紛失しないように大切に保管しておくことをお勧めします。

年収の申告には源泉徴収票がお勧め

この源泉徴収票ですが、記載されている支払額に端数がある場合は、1円の桁まで正確に記入する必要はなく、10万円以下の端数は切り上げても問題ありません。例えば、支払額が3,285,693円の場合、クレジットカード審査申込書の年収欄に330万円と記入しても問題はありません。

ちなみに、自分の年収が低すぎるために、審査申込書に事実と異なる年収を記載して虚偽の申告をする人がいますが、あまりにも事実と異なる記載はやめたほうがいいでしょう。

近年の審査システムは以前に比べてかなり改善されていますので、仮に虚偽の申告をしても、すぐにカード会社から通知が来る可能性が高いです。

また、源泉徴収票が見つからず、勤務先への再発行申請が面倒な場合は、現在の税込月収×12ヶ月で問題ありません。

例えば、現在の税込月収が20万円であれば、20万円×12ヶ月=240万円となります。(ボーナスが支給されている場合はこれを含みます)

なお、源泉徴収票を再発行してもらうと、勤務先から変な噂を立てられる可能性がありますので、審査で源泉徴収票の提出を求められない限り、この方法で大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました