派遣、契約社員のクレジットカード審査は?

クレカ審査

カード審査と派遣、契約社員について

クレジットカードの審査には、さまざまな職業(職種)の人が申し込みます。会社経営者や役員、部長や課長、一般社員やアルバイト、さらには自営業者や派遣・契約社員など。

そして、各クレジットカード会社の審査基準が異なるため、どの職業(働き方)が有利なのかを重視したスコアリングに若干の違いがあり、公務員>会社員>自営業者>パート・アルバイトなどの違いがあります。

ただし、このスコアリング評価については、私たちカード利用者が評価内容を確認することはできませんので、審査を承認するかどうかはカード会社が決めることになり、審査が終わってみないとわかりません。

そのため、どの職業が有利なのかを詳しく知ることはできませんが、一般的には審査基準における職業の優劣は、公務員>会社員>自営業者>アルバイトの順になります。ただし、自営業者とアルバイトは、カード会社によっては逆の場合もあります。

そのため、派遣社員や契約社員も職業となりますが、クレジットカードの審査では派遣社員や契約社員はどのように扱われるのでしょうか。

派遣社員や契約社員とは?

まず、派遣社員についてですが、派遣社員とは、派遣元の会社と雇用契約を結んで、派遣先の会社で働く雇用形態です。派遣先で働くことになりますので、派遣元と派遣先の契約が終了すれば、別の派遣先で働くことになります。

派遣社員のデメリットですが、雇用契約を結んでいる派遣会社への仕事の依頼が減る=派遣社員の仕事も減るので、一時的にでも収入が不安定になる可能性があります。そのため、派遣社員は正社員に比べてクレジットカードの審査で不利になるのではないかと言われています。

また、契約社員といっても、会社と雇用契約を結んでいるとはいえ、正社員と違うのは、雇用期間の定めがあることです。つまり、雇用期間があらかじめ決められている契約形態を契約社員と呼ぶのです。

雇用期間があらかじめ決められているということは、基本的にその期間を過ぎると職を失うことになりますので、結果的に正社員に比べてクレジットカードの審査で不利になる可能性があると言われています。

審査における派遣、契約社員の扱い

先ほど説明したように、派遣社員も契約社員も、正社員に比べて将来の雇用継続に少し不安があるので、はっきり言ってクレジットカードの審査は正社員に比べて少し不利です。しかし、だからといって、審査に通らないということはありません。

実際に、派遣社員や契約社員がカード審査に通過したという報告も多くありますので、派遣社員や契約社員だからといって審査に通らないと決めつけることはありません。ただし、一般社員に比べて不利になるので、職業以外の属性(住居形態、固定電話など)で有利になるようにしたほうがいいでしょう。

派遣社員のクレジットカード審査について

ここからは、派遣社員と契約社員それぞれのクレジットカードの審査について説明します。まず、派遣社員の審査についてですが、先ほど述べたように、正社員に比べて少なからず不利になります。しかし、不利=審査に通らないというわけではなく、派遣社員でも審査に通った実績はたくさんあります。

審査に通った実績はあるものの、派遣労働の働き方となるとポイントはそれほど高くないので、やはり勤続年数や他社からの借り入れの有無、クレヒスの良し悪しなど、他の審査項目がチェックされます。ですから、派遣社員がクレヒス審査に通るためには、これらの項目のレベルを上げることが重要です。

派遣社員が申込時に記入する勤務先は派遣先?派遣元?

派遣社員の働き方については、登録は派遣元ですが、実際の仕事は派遣先ですので、カード申込書に記載されている勤務先記入で迷う方もいらっしゃると思います。確かに、登録は派遣元、実際の仕事は派遣先ですから、どちらを記入すればいいのか?と迷ってしまうのは当然です。

そこで、派遣社員は基本的にカード申込書に派遣元の勤務先と勤務先電話番号を記入することになっています。その理由は、派遣先がそれほど長期間勤務するとは思えない=派遣先が入れ替わることが多いためです。

そのため、クレジットカード会社から在籍確認の連絡があったとしても、そのような人は当社では働いていない=結果的に在籍確認ができない=審査に通らない可能性があるということになります。

ただし、派遣会社には多くの派遣社員が登録されており、同姓同名の方がいらっしゃる可能性があります。個人情報保護法の観点から回答しない場合があります。その結果在籍確認ができず、審査に通らない可能性があります。

そのため、派遣社員が審査申込書に記入する勤務先にはかなりの不安がありますので、少しでも不安を感じる場合は、事前にカード会社に確認しておきましょう。派遣先、派遣元のどちらを記入すればいいのか?確認しておいた方が良いと思います。

契約社員のクレジットカード審査は?

ここでは、契約社員のクレジットカード審査について説明しますが、派遣社員と同様に、契約社員だからといって審査に通らないということはありません。ただし、正社員に比べて不利になる傾向がありますので、ステータス性の高いクレジットカードは避けた方が良いでしょう。

審査では申込者の継続的な安定収入が不可欠であるため、契約期間が決まっている=その後の収入状況が予測できない契約社員は、正社員よりも評価が低くなることは否めません。

ですから、契約社員も派遣社員と同じように、働き方以外の属性のレベルアップを図るべきです。ちなみに、信用情報に良好なクレヒスが登録されていることや、事故情報が登録されていないことも審査通過の必須条件です。

タイトルとURLをコピーしました