短期間に複数のクレジットカードに申し込むのは審査に悪影響

クレカ審査

クレジットカード審査での短期間複数申込には注意が必要

クレジットカードの審査に100%というものはありません。つまり、審査に申し込んでも、属性情報や信用情報によって、審査に通る人と通らない人がいるということです。

しかし、カード審査に落ちた直後に別の審査を申し込む=短期間に複数の審査申し込みをする人が結構いるようです。もちろん、数打てば当たるものではありませんが、別のクレジットカードだったら、審査を行っている会社も違うので、審査に通るのでは?と思われるかもしれませんね。

それに、クレジットカードが欲しくなったら、一刻も早くカードを持ちたいと思うのは、人間の心理としてごく自然なことですから、短期間に複数の申し込みをすることも理解できます。

しかし、焦って申し込むと、普通に申し込んでも審査に通らない可能性があります。これは本当に気をつけていただきたいのですが、一度審査に通らなかった場合は、少し冷却期間を置くことが必要です。

短期間での複数申込は控えること

早くクレジットカードが欲しい人は、クレジットカードの審査に落ちるとすぐに次の審査を申し込んだり、複数の審査を同時に申し込んだりする傾向があります。

もちろん、先に述べたように「欲しいものは何でも欲しい」という気持ちは理解できますが、クレジットカードの審査となるとそうはいきません。

というのも、クレジットカード会社は審査時に個人信用情報機関に信用情報を照会して、申込者の金融商品の現在・過去の利用状況を確認していますが、この信用情報にはクレジットカードの情報も含まれています。また、申込情報も登録されています。

この申込情報とは、その名の通り、クレジットカードをはじめとした各種金融商品を申し込んだ事実のことで、この事実が信用情報に登録されます。

そして、無事に審査に通れば、その後、クレジットカードの契約情報が登録されますが、審査に落ちた場合は、契約情報は登録されず、同じ状態、つまり、カードの申込情報だけが登録されることになるのです。

ただし、この申込情報が1〜2程度であれば、それほど問題にはなりませんが、5〜10になると審査時に少し状況が変わってきます。

多重申込は審査に影響を与える

個人信用情報機関の信用情報に複数の申込情報しか登録されていないということは、この申込者は複数のクレジットカードの審査に落ちているということです。(これはカード審査だけでなく、他の金融商品の審査でも同様です)

また、カード会社からすれば、複数の審査に落ちたということは、この申込者に何か問題があるのではないか?日常生活でお金に困っているのでは?と疑われる可能性が高く、結果的に審査に通らないことがあります。

短期間に複数のクレジットカード審査に申し込むということは、後払い式のクレジットカードで商品を購入したり、キャッシング機能を使ってお金を借りたりすることができる=お金がなくて困っているということになります。

したがって、カード会社がそのような申込者にクレジットカードの与信枠を与えることをためらうのはやむを得ないことですから、短期間に複数の申込をすることには注意する必要があります。

短期間とは具体的にどのくらいの期間?

個人信用情報機関の信用情報には、クレジットカードをはじめとする各種金融商品の申込情報が、CIC・JICCは6ヶ月以内、KSCは1年以内の期間で登録されています。

これは、他の信用情報、例えば、重大な延滞、任意整理、自己破産などの債務整理情報が5年間あるのに比べて、非常に短い登録期間ですが、その情報が信用情報に登録されています。それが審査にかなりの影響を与えるのです。

ですから、現在、クレジットカードの審査になかなか通らないという方は、別の審査に申し込む前に、必ず個人信用情報機関に信用情報の開示を依頼し、複数の申込情報が登録されていないかどうかを確認した方がいいでしょう。

つまり、この期間中に信用情報に複数の申込情報が登録されていると、クレジットカード審査で不利になる可能性がありますので、注意が必要です。ちなみに、短期間での申込件数については、過去の経験から、1ヶ月で2件以内、半年で3件以内であれば審査に通過していますので、基本的にはそれ以上の申込は控えた方がいいですね。

もちろん、半年で4件以上申し込んでも、クレジットカードの審査に通ることもありますが、それはレアケースで審査申込者全体から見れば圧倒的に少ないので、半年に3件以内、できれば2件以内にした方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました