ブラックリストに載っていても審査に通るカードはある?

close up of hand holding text over black backgroundクレカ選び
Photo by Pixabay on Pexels.com

事故情報が登録されているとクレジットカード作成は困難です。

クレジットカードの審査では、個人信用情報機関の信用情報に、重大な延滞情報や、自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などの債務整理情報が含まれていると、ほぼ確実に審査に落ちてしまいます。

これは、過去にこのような金融事故を起こした人は、今後も事故を起こす可能性が高いため、一定の冷却期間が必要と考えられ、これらの事故情報が登録されているのだと思います。5年程度はクレジットカードを作るのは難しいと言わざるを得ません。

しかし、近年は以前に比べてクレジットカード提携店が増えてきており、何気なく利用しているコンビニ(一部のコンビニのみ)でも独自のクレジットカードを発行しています。

そのため、現在個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されている人の中にも、何らかのクレジットカードを持ちたいと思っている人もいると思いますので、今回はブラックでも持てるカードはあるのか、説明をしていきたいと思います。

クレジットカードの審査が無いカードは?

家族カード

金融業界では、個人信用情報機関の信用情報に重大な延滞、任意整理、自己破産などの債務整理情報がある人をブラックと呼びます。ブラックの人は、信用情報から金融事故情報が削除されるまで、クレジットカードを作ることがほぼできません。

しかし、信用情報に重大な金融事故が登録されている=クレジットカードが作れない原因となっているため、基本的にブラックの方は信用情報から事故情報が削除されるまではクレジットカードを作ることができません。

ただし、信用情報に金融事故情報が登録されていても、一定の条件を満たせば、基本的にはクレジットカードの審査が不要なカードを持つことができます。

では、一定の条件とは?

あなたの家族でクレジットカードを持っている人はいますか?基本的に審査の必要のないカードとは、家族カードなのです。

この家族カードの審査は、本カードを持っている人の属性情報や信用情報を元に行われるので、基本的にはこの本カード会員に特に問題がなければ何でもOKなんです。そして家族カードはすぐに発行されます。家族カードを作る家族の信用情報に金融事故情報が登録されていてもです。

家族カードの審査では、このカード会員の情報のみを審査し、家族カードの対象者である本人の情報は調査しないからです。家族カードの支払いは、本カードの支払いと一緒に行われるため、本カード会員に支払い能力があれば問題はありません。

逆に、この本カード会員の属性や信用情報にネガティブな情報がある=この本カード会員は審査に通らない=家族カードを作ることができないので、家族カード審査におけるこの本カード会員の信用力が非常に重要になります。

デビットカード

先ほど、審査のいらないカードとして、普通のクレジットカードと同じように使える家族カードを紹介しましたが、これを持つためには、身内に家族カードを作れるクレジットカードを持っている人がいることが前提条件でした。

そのため、現在、クレジットブラックの人は、親族に家族カードを作れるクレジットカードを持っている人がいなければ、その時点で家族カードを作ることができません。

しかし、家族カードを作れるクレジットカードを持っている人が家族にいなくても、一般カードと同じように使えるカードを持つことは実は可能なのです。

それはデビットカードです。このデビットカードは、銀行の預金残高の範囲内で使用することができますので、そのことから、一部のデビットカードを除き、無審査で持つことができます。

無審査で発行できるデビットカードなので、個人信用情報機関の信用情報に現在延滞や債務整理の情報があっても、また、複数の申し込みが登録されていたり、優良クレヒス登録がなかったりしても、それらの情報とは無関係に発行できますつまり、クレジットブラックの人でも持つことができます。

現在クレジットブラックの人で、家族カードを作るための条件を満たせない人は、このデビットカードを作ることも選択肢の一つとなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました