Amazonでのクレジットカード利用は危険?

black flat screen computer monitorカード利用
Photo by Sagar Soneji on Pexels.com

Amazonでのクレジットカード決済は簡単にできます

Amazonでクレジットカード決済をしたことがある方はすでにご存知かもしれませんが、Amazonでカード決済をする際に必要なのは、カード名義人、カード番号、有効期限です。この3点の情報を入力することで、クレジットカード決済を利用することができます。

この3点を入力するだけでクレジットカード決済ができるので、他のネット通販サイトよりも使いやすいと感じます。先ほども少し触れましたが、他のオンラインショッピングサイトではよくある生年月日やセキュリティコードを入力する必要がありません。

しかし、この3点の情報だけで決済ができるという点だけを見ると、Amazonは他のネット通販サイトよりもクレジットカード決済が危険なのでは!?と思ってしまうのも無理はありません。

AmazonのSSL証明書は高水準です

このSSLとは、インターネット上で暗号化されたデータを送受信するためのプロトコルを意味します。そしてAmazonはこのSSLを導入しており、簡単に言えばAmazonで買い物をしたデータは暗号化されて通信されているので安全だということです。

そして近年、ほとんどのネットショッピングでは通信を暗号化して、第三者によるなりすましや各種情報の漏洩を防ぐために、このSSLを導入しています。

その上、Amazonが導入しているSSL証明書は、シマンテック社が発行するSSL証明書の中でも最高クラスのClass3証明書であるため、そのセキュリティはより強固なものとなっています。

シマンテックは、現在CPS中に3つのクラスの証明書を規定しています。各クラスの証明書は、それぞれ規定された認証レベルによって信頼性の水準を保有します。

各水準(クラス)の証明書には、それぞれ異なった機能およびセキュリティ上の特徴があります。証明書の申請者は、これら一連のサービスの中から自分の需要に見合うものを選択し、そのクラスの証明書を選択します。

出典:シマンテック社

つまり、Amazonでは高度なSSL通信を用いてお客様情報の暗号化データ通信を行っており、クレジットカード決済のセキュリティ対策に万全を期しているといえます。

Amazonに限らずネット通販でのカード決済には危険が付きもの

これはAmazonに限ったことではありませんが、近年のインターネット犯罪の増加傾向を考えると、オンラインショッピングサイトでクレジットカード情報を入力する際には、常に危険が伴うと言えます。

というのも、インターネット上では第三者が常にハッキングの機会をうかがっており、いくらネット通販サイトが強力なSSL通信を導入していても、個人のパソコンが第三者にハッキング(ウイルスに侵入される)されてしまったら、そんなものは全く意味をなしません。

特に、オンラインショッピングでカード番号やセキュリティコード、生年月日などを入力する際に、すでにパソコンにウイルスが侵入していると、これらの情報が第三者に渡ってしまう危険性が あります。

ネット利用ではウィルスソフトの利用が必須です

オンラインショッピングサイトでカード決済を行う際には、損害保険付きのクレジットカードを使用する、パソコンに最新のウイルス対策ソフトを事前にインストールしておく、またはその両方の対策を行うことが必要です。

ただし、ウイルス対策ソフトは100%安全というわけではないので、オンラインショッピングサイトのマイページに登録されているクレジットカード情報を削除したり、利用内容をしっかりと確認して身に覚えのないカード利用情報があれば、早急にカード会社に連絡するなどの対策が必要になります。

しかし、オンラインショッピングサイトでのクレジットカードの不正使用を防ぐことは完全には難しいでしょう。一番は銀行振込による代金引換やコンビニエンスストアでの支払いなどにすることが実は安心な方法なのです。

タイトルとURLをコピーしました